仙台市天文台のアースキャンディーが人気

仙台市内八乙女にあった仙台市科学館が東日本大震災で被災し、その後街中から郊外に引っ越したということは震災関連のニュースで聞いていましたが、久々にニュースになりましたので興味をもって調べてみました。透明なアメの中に青い地球を入れてしまうというのは天文台ならではのアイデアですね。とてもきれいです。現在の天文台のある錦が丘というところは元々新興住宅地として開発された場所だそうで、仙台から山形方面に向かう途中にあり、エリア内にはアウトレットパークもあるようです。冬が来る前に是非一度行ってみたいものだなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください