江頭2:50が仕事をキャンセルした意外な理由とは?

人気タレント江頭2:50の元気がありません。
2018年4月のテレビ番組改編で、「ぷっすま」「めちゃイケ」「みなおか」と言った準レギュラー級扱いで出演していた番組が立て続けに終了した事にショックを受け、パチンコ営業など複数のイベントの仕事をキャンセルしたと言うのです。
黒タイツに上半身裸という奇抜な出で立ちでエキセントリックな行動を繰り返す過激な芸風ながら、素顔は至って真面目で繊細と言う江頭さん。
52歳と言う年齢も相まって、ここのところ体調不良を訴え、発言も弱気なものが増えていると言います。
江頭さんと言えば2004年にも過労で倒れた事があり、ファンならずとも心配が募ります。

しかしテレビの露出は減っても江頭さんのハイテンション芸は各種イベントで引っ張りだこ。
何と1年先までスケジュールが埋まっているのだとか。
所属事務所の大川興業も、立て込んでいた仕事が一段落して一時休養しているだけで、病気入院などはしていないとコメントしています。
夏になれば更に出番が増える事が予想され、今はそれに備えた充電期間と言えるのかも知れません。
早く復帰してステージや客席でいつものように暴れ回り、「心配して損した」と思わせて欲しいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください