ローチケキャンセル事件を受けて。

ツイッターで話題になっていた、ローチケで当選した舞台のチケットが当選者本人に無断でキャンセルになったと言う話。
そんなことあり得るの?本当だったら怖いなぁと思っていたら、告発者のでっち上げだったようですね。
実際のところ本人は入金もしてないのに偽の領収書や問い合わせの通話履歴まで偽造してツイッターに載せていたんだから悪質ですね。
真偽不明のまま情報だけが拡散されて疑われてローチケ大迷惑じゃないですか。これは告訴されても文句言えないレベル。
告発者本人も何でそんな大ぼら吹いたのかなと思いましたけど、事の発端が本人ではなくその友人だったらしいのでネットである仮説が流れていますね。
「本人が友人に向けてついた嘘を友人が信じてネットに投稿しちゃって炎上→本人引っ込みがつかなくなって嘘に嘘を重ねる」と言う。
当事者が誰も詳細を語ってないので真相はこのまま闇の中かな。どうも釈然としませんね。
今回の件で学ぶべきは「事実確認が取れてない情報を安易に信用しない」ですかね。例えそれが被害者側(仮)からの訴えであっても。
ローチケに非があると思い込んだ人が多かったからネットニュースになるほどの騒ぎになってしまったんでしょうし。
情報の取り扱いには慎重にならないと、今回のようにデマに加担することになってしまう。
場合によってはトラブルに巻き込まれる可能性もありますから、ネットでもリアルでも十分注意しておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください